プロジェクトとリポジトリの作成

このステップでは、GitHubリポジトリに基づいてVisual Builder Studioで新しい開発者プロジェクトをセットアップする方法を説明します。

一つのVisual Builder Studioのインスタンスは、複数のプロジェクトを管理できます。また、一つのプロジェクトは複数のリポジトリを管理できます。

プロジェクトを作成するには、「組織」(もしくは「Organization」)メニューを選択し、「プロジェクト」(もしくは「Projects」)タブで右側の「+作成」(もしくは「Create」)ボタンをクリックします。

下記項目を入力して、「次へ」(もしくは「Next」)をクリックします。

  • 名前:OKEATPWorkshop
  • 利用する言語は必要に応じて変更してください

注意事項: トライアル環境以外の環境をお使いの方へ

Visual Builder Studio上のプロジェクト名の重複は許容されていません。 集合ハンズオンなど同一の環境でハンズオンを実施されている方は、プロジェクト名が重複しない様に語尾に任意の文字列(名前のイニシャル等)を追加してください。

デフォルトのままにして、「次へ」(もしくは「Next」)をクリックします。

デフォルトのままにして、「終了」(もしくは「Finish」)をクリックします。

すべてのモジュールがプロビジョニングされるまで、数分程度お待ちください。

プロジェクトの作成が完了すると、自動的にこちらの画面に移動されます。

続いて、レポジトリを作成します。

リポジトリを作成するには、画面右側の「+作成」(もしくは「Create」)をクリックします。

下記項目を入力して、「作成」をクリックします。

  • 名前:oke_atp_workshop
  • 説明:OKE ATP Workshop
  • 既存のリポジトリのインポート:https://github.com/oracle-japan/oke-atp-helidon-handson

インポートが完了すると、既存のリポジトリのファイルがインポートされます。

Visual Builder Studioで「Git」に移動して、右側の「クローン」を選択し、"Clone with HTTPS."の「コピー」アイコンをクリックします。

ハンズオン共通手順で作成したコンピュートインスタンスにログインします。
git cloneを実行します。

git clone コピーされたURL

gitのパスワードについて

git cloneコマンドや後続の手順で利用するgit pushなどの各種gitコマンドにおいてパスワードの入力を求められることがあります。 その場合は、ご自身のご利用されているOracle Cloudアカウントに対応するパスワードを入力してください。

これで、Visual Builder Studioでプロジェクトとリポジトリの作成は完了しました。

続いてビルド用の仮想マシンの準備に進んでください。