前提条件

  • Oracle Cloud Infrastructure の環境と、ユーザーアカウントがあること(トライアル環境でも実施いただける内容となっています。)
  • 適切なコンパートメントと、そこに対する適切な権限がユーザーに付与されていること

特記事項

  • チュートリアル内の画面ショットについては現在の画面と異なっている場合があります。
  • OCIチュートリアル入門編の、準備からその1、その2、その3、その7を実施しておくと、理解がスムーズです。
  • より詳しく知りたい方は、OCI活用資料集も併せてご確認ください。それぞれのサービスに関する技術詳細資料をまとめ紹介しています。


■ Database Cloud Service (DBCS) を使ってみよう

Oracleのクラウドで使いたいものと言ったら、そう! Oracle Database!!
まずはベーシックなDatabase Cloud Service インスタンスを作ってみましょう。

基礎編

データ移行編


■ Exadata Cloud Service (ExaCS) を使ってみよう

Oracle Databaseを動かすための最適な基盤として、リリースから10年以上経過し、多くのミッションクリティカルなシステムを支えるExadata !
OCIであればExadataもサブスクリプションで使えます。インスタンスの作り方から、様々な使い方を学んでいただける内容になっています。


■ Autonomous Database (ADB)を使ってみよう

自己稼働・自己保護・自己修復をコンセプトにOracle Database、およびExadataをより身近にご利用いただくべく登場したAutonomous Database !
インスタンスの作成から、運用管理まで一通り学んでいただける内容になっています。

Autonomous Database (ADB)は、対象システムの処理特性に応じて以下を選択できます。本チュートリアルでは、ATPを対象に記載していますが、その他に関しても基本的な操作は同じです。

  • 分析系システムを対象とするAutonmous Data Warehouse (ADW)
  • 汎用的な用途で利用可能なAutonomous Transaction Processing (ATP)
  • 主にJSONデータを扱うシステムに適したAutonomous JSON Database (AJD)

基礎編

実践編

データ移行編

データ連携編

運用管理編

ビジネスシナリオ編